今更気が付いたこと

PC
---
パソコン異変 「インテル入ってない」PCが急増
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00000004-nikkeisty-life&p=1
---
読んだ。

「インテル入ってない」=「AMD製CPU入ってる」ということか?
と予想しながら読んだらやっぱりそうだった。

先日私が買ったノートパソコンはCPUがAMDであり、
「インテル入ってない」に該当する。

私が多数派の側にいるなんて何かがおかしい。
何かの間違いではないかと思った。

記事をよく読んだらやっぱり間違いだった。

BCNの調査によると、AMD製CPUを搭載したパソコンは、2019年6月には14.7%のシェアを獲得。18年6月にはわずか3.0%であったことと比較すると5倍近くシェアを伸ばしている。

また、パーツとしてのCPU単体の販売数量も急激に増加しており、AMD製CPUの販売数量は、2019年6月には46.7%のシェアを獲得。7月に入ってこの動きはさらに加速。2019年7月は62.0%と、初めて過半数を超えた。


「5倍近くシェアを伸ばしている」
といっても、その結果がたったの14.7%という話。

パーツの方は「過半数を超えた」といっても、
そもそもパーツ単位で買う人自体が少数派なんじゃねーのかと。
(具体的な数字は知らん)

やっぱり私は多数派の側じゃないらしい。
ちょっと安心した。


まあ、そんな些細なことはどうでもいいとして。


記事読んでて驚いたのがこの部分。

富士通クライアントコンピューティングやNECパーソナルコンピュータも、グローバルでCPUを調達できるレノボグループ傘下にあるが、日本HPやデルほどには日本市場を優先しなかったことも影響している。

貼り付け元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00000004-nikkeisty-life&p=2


NEC(のPC部門?)が既にレノボグループ傘下だったなんて全然知らなかった。
(富士通はどうでもいい)

NECのPCは国民機と呼ばれて圧倒的なシェアを誇っていた時期があった。
また、(20年以上前のこととはいえ)私も使っていて、NECのPCとは多少の縁があった。

そんな過去を思うと複雑な気分だ。

※関連記事
4.0台目 PC-9821 MATE A
http://himonootoko5.seesaa.net/article/431128936.html

5.0台目 PC-9821 MATE X
http://himonootoko5.seesaa.net/article/431546488.html




この記事へのコメント